電子レンジの危険をお伝えします。

正しい情報を理解してご自分の健康や美をおまもりくださいませ!

ちなみに私は電子レンジを持っていません。20年前に処分しました。
皆さまもぜひ下記の内容をご覧頂きたいと思います。

確かな情報で自己管理にいお役立てていただけっればと思います。

電子レンジ調理された食べ物に発がん性物質
『マイクロ波照射-電子レンジ調理-の健康への影響』と題する著書と、「アースレター」1991年3月号と8月号の中でリタ・リー博士は、いかなる 電子レンジであろうとも電磁放射線を発し、食べ物に 危害を加え、調理された食べ物の中に器官に有害な危険な発がん性物質を生じる、と明言した。
この記事の中では、さらなる研究結果についてまとめられており、電子レンジが当初予想された以上にはるかに有害であることが明らかになった。
以下は、オレゴン州ポートランドのアトランティス・レイジング教育センターが出版した、ロシアにおける研究のまとめである。そこでは、実験の対象となった食べ物全てに発がん性物質が生じた。
この実験では、特定の目的すなはち調理、解凍、衛生的な摂取のための加熱、これらを達成するために必要とされる

以上に電子レンジを使用しなかった。以下は、その結果の一部抜粋である。

  • 衛生的に食べられるのに足るだけ電子レンジ調理をした肉に、Dニトロソジエタノールアミンというよく知られた発がん性物質が発生した。
  • 電子レンジ調理された牛乳と穀物シリアルのアミノ酸の一部が、発がん性物質に変化した。
  • 電子レンジで解凍した果物に含まれるグルコシドとガラクトシドが、発がん性物質に変化した。
  • 生野菜、調理済野菜、冷凍野菜に短時間強いマイクロ波を照射したところ、植物性アルカロイドが発がん性物質に変化した。
  • 電子レンジ調理をした植物、特に根菜類に関しては、発がん性のフリーラジカルが形成された。
  • 栄養価が低下した。
  • ロシアの科学者の報告においても、実験された全ての食べ物の食品としての価値が60%から90%低下することにつながる構造上の劣化現象が、顕著に見られ た。観察された変化は、実験対象の全ての食 品においてビタミンB複合体、ビタミンC、ビタミンE、微量基礎ミネラル分、脂肪動員成分の生体使用率の低下な どであった。
  • アルカロイド、グルコシド、ガラクトシド、ニトリロシドといった植物性成分の多くに、多様な損傷があった。
  • 肉の中の核蛋白質成分が劣化した。

マイクロ波病、発見さるロシアでレーダーが開発されていた1950年代、マイクロ波に被曝した労働者数千人が調査された。
その結果、健康被害がとても深刻だったので、政府はマイクロ波照射量が労働者は10ミクロワット以下、一般市民は1ミクロワット以下とする厳しい基準を設けた。
『電気的人体』の著者ロバート・O・ベッカーは、本の中で、“マイクロ波病”と呼ばれるマイクロ波の健康への影響を調査したロシアの研究を紹介した。
以下、同本の314頁より引用する。
『その(マイクロ波病)最初の兆候は、低血圧と遅い脈拍である。次に表れる最もありふれた症状は、交感神経の慢性的興奮状態(ストレス症候群)と高血圧である。
この段階では、頭痛、めまい、目の痛み、不眠、イライラ、不安、胃痛、緊張、集中力困難、抜け毛などの症状を伴うことが多い。さらに、虫垂炎、白内障、生殖器の病気、がんの危険性が高くなる。
このような慢性的な症状の後に、最終的には副腎疲労の危機と虚血性疾患(冠動脈の詰まりと心臓発作)が待っている』
リー博士によれば、電子レンジ調理された食べ物を食べた人の血液中に、化学作用の変化が見られ、特定の病気が発生していることも分かった。上記の症状は、下記の観察から容易に発生する。以下は、それらの変化の例である。

  • リンパ系の病気になった後、特定のがんに対する予防能力が低下した。
  • 血液中のがん細胞の発生率が高くなった。
  • 胃腸がんの率の上昇が認められた。
  • 消化器系疾患の率の上昇と、慢性的な泌尿器系不全が認められた。

マイクロ波調査の結論

以下は、ドイツとロシアにおけるマイクロ波の生物学的影響に関する最も重要な調査の内容である。
最初の調査は、バルバロッサ軍事侵攻の期間(1942-43)ベルリンのフンボルト大学において実施された。そして1957年から現在まで、ロシア では、ベラルーシ共和国のキンスク放射能工科学校と ロシスカヤ自治共和国のラジャスタン放射能工科学校において調査が続けられた。
ほとんどの場合、調査分析にかけられた食べ物は、毎秒1立方センチメートルにつき百キロワットのマイクロ波に照射される。これは、摂取するのに衛生的かつ正常な範囲の放射線量と認められている。
ドイツとロシア両方の研究者が指摘した影響は、以下の三つの範疇に分類される。

  • [範疇1]発がん作用
  • [範疇2]食べ物の栄養の破壊
  • [範疇3]被曝による生物学上の影響

[範疇1]発がん作用

(範疇1の最初の2項目については、我々のもっている写しの字が判読できない。残りはきれいである。)
3.大気中の放射能の『結着作用』が起きることにより、食べ物の中のアルファ粒子とベータ粒子の量が急増する。
4.牛乳と穀物に含まれる蛋白質加水分解成分(水を加えると不自然に分解する蛋白質)中に、発がん性物質が形成される。
5.電子レンジ調理された食べ物の中の物質が変化し、不安定な代謝が消化器系疾病の原因となる。
6.食べ物の中で物質の化学変化が起きるために、リンパ系の機能低下が見られる。そして、特定の組織の異常増殖を防御する免疫能力が低下する。
7.電子レンジ調理された食べ物を食べると、血清中にがん細胞が高い率で発生する。
8.冷凍果物を電子レンジで解凍したとき、グルコシドとガラクトシドの代謝と分解に異常が生じる。
9.生野菜、調理済野菜、冷凍野菜をごく短時間電子レンジにかけたとき、植物性アルカロイドの代謝と分解に異常が生じる。
10.発がん性のフリーラジカル(非常に反応度の高い不安定な分子)が、植物性の物質、とりわけ生の根菜類の特定のミネラル分形成過程において発生する。
11.統計的に、電子レンジ調理された食べ物を食べた人の間に、胃腸がんの発生率が高い。また、消化器系と泌尿器系の機能が徐々に衰え、周辺細胞組織の劣化が一般に見られる。

[範疇2]食べ物の栄養の破壊

調査された全ての食べ物において、電子レンジ調理は栄養価の著しい低下をもたらした。以下は、最も重要な発見である。
1.全ての食べ物において、ビタミンB群、ビタミンC,ビタミンE、基礎ミネラル分、脂肪動員成分の生体使用率(体が栄養素を利用する能力)が低下する。
2.実験された全ての食べ物の生命エネルギー場が、60~90%失われる。
3.アルカロイド(有機窒素系成分)、グルコシド、ガラクトシド、ニトリロシドの代謝と合成能力の低下。
4.肉の中の核蛋白質栄養素の破壊。
5.全ての食べ物において、顕著な構造上の破壊。

[範疇3]被曝による生物学上の影響

マイクロ波に被曝すると、人の生物学的な健康状態に予期せぬ有害な影響がもたらされる。このことは、ロシアにおいて非常に高度な実験が行われるまで 発見されなかった。すなはち、人は電子レンジ 調理された食べ物に含まれる物質を摂取する必要さえないこと、そして、1976年ソビエト連邦下の法律により 使用が禁止されたそのようなマイクロ波機器の副作用を起こすには、 マイクロ波の電磁場にさらされるだけで十分である、ということである。

以下は、列挙されたその影響である。

1.稼動中の電子レンジにさらされた人の生命エネルギー場が破壊される。それは、生命エネルギー場の周波数がより長くなるという副作用を伴う。
2.機械の作動中に、細胞の電位平衡性が、とりわけ血液とリンパ系において減少する。
3.人の代謝過程の中で、食べ物を利用する外側の活性化されたエネルギーの潜在能力が低下し、不安定になる。
4.代謝と分解の過程が消化器系から血清中に移行する一方、内側の細胞膜の潜在能力が低下し、不安定になる。
5.大脳(脳の前面に位置し、思考と高次の機能を司る)の連絡潜在能力に関して電気的神経信号が弱体化し、回路が破綻する。
6.前後双方の中枢神経と自律神経系の神経中枢のエネルギー場の調和が失われ、電気的神経回路が弱体化して破綻する。
7.高次の意識を司る上行網状系内において、生体電気的強弱のバランスと回路が失われる。
8.マイクロ波発生源より半径500メートル以内にいる人、動物、植物の生命エネルギーが、長期間にわたって累積的に減退する。
9.神経系とリンパ系にくまなく残留電磁波がたい積し、その影響が長期間持続する。
10.ホルモンの生成とホルモンバランスの維持が、男性女性双方において不安定になり、阻害される。
11.マイクロ波電磁波を浴びた人の脳波の、アルファ波、シータ波、デルタ波の信号パターンが、非常に顕著に妨害される。
12.こうした脳波への妨害ゆえに、以下の心理的な影響が報告されている。物忘れ、集中力欠如、爆発寸前の抑圧された感情、知的活動の減退、不眠などの症状が、統計的にマイクロ波を持続的に発生する電子レンジや変電所などの近くにいる人々の間で高い率を示す。

法廷での調査の結論

上記の二十八の問題点から、マイクロ波を発する機械類の使用は明らかに勧められない。そして1976年にソビエト連邦が下した禁止の決定は、現在数多くの国々におけるそのような機械類の使用に関する科学的な見解への、明らかな証拠となっている。
残留電磁波が無秩序所に生体内にたい積し(範疇3の9)、最終的に神経系、中でも脳と神経中枢に影響を及ぼす。
このために、神経系の電気回路の極性が長期間かかって破壊される。
こうした作用は、神経系のさまざまな構成組織の神経電気の健全さに対し、事実上取り返しのつかない損傷を与えるので、電子レンジ調理された食べ物は明らかにあらゆる観点から勧められない。
残留電磁波が脳の構成組織の受容体に作用し、放送局とTV中継ネットワークからのマイクロ波放射線周波数を人為的に増幅させることにより、より心理的な影響を受けやすくする。
遠隔から人の心理に影響を及ぼすことのできる理論上の可能性(送信された電波信号の周波数を制御して、人の行動を管理する能力)は、ソビエト連邦下 のウルエルフとノボシビルスクにおける神経心 理調査で示された。これにより、マイクロ波機器を稼動させて、為すがままのサブリミナルな心理的エネルギー場 を、知らず知らずのうちに発生させることができる。
{法廷調査文書:ウイリアム・コップ編A.R.E.C調査機関}より抜擢して掲載しました。